初めての整形外科で準備しておくこと

事前にしっかり調べておきたい整形外科の事

症状改善の第一歩

整形外科とは一体どういった症状をみてくれる診療科なのでしょうか。 知ってるようで知らないということはないですか? とりあえず、身体のどこのどういった症状をみてくれるのか調べてみました。 たくさんの方が悩んでいる肩こりや腰痛も関節痛も整形外科でみてもらえるのでしょうか。

ズバリ整形外科とは何をみてくれる

腰が痛い、肩こりが激しい。
または歩くと膝が痛い。

そんな悩みが年齢を重ねてくるとでてきますよね。
もちろん、若い世代の方でも悩んでいる方はたくさんいらっしゃると思います。

少し我慢したら大丈夫な方もいれば、日常生活に支障が出てくるくらい困っている方色々といらっしゃると思います。
そうなると病院へ行こうと考えると思いますが、そういった症状となるとまずどこの病院を考えられますか?

やはり、整形外科となってきますよね。

もちろん、整体やマッサージ、カイロプラクティック、様々な改善方法も考えられると思いますが、これらの場所では保険が使えず自由診療となりますし、まずレントゲンを撮ってもらうことが不可能です。

痛い原因というのは、触ったり触れたりするだけでは分かりません。
まず、骨などに異常がないかというのをレントゲンを撮ってみて確認してもらわなければ、症状というのは改善されないかもしれません。
マッサージで良くなるものもあれば悪化するものもあります。

その辺を見極めるためにもまずは整形外科を受診してみるのが症状の改善には一番の近道となるでしょう。

でも、初めて整形外科に行くとなるとなんとなく勇気がいりますよね。
そういうときに、かかりつけの病院があればいいのですが高齢で毎日のように病院へ行くんだっていう方でない限り、まず病院探しから始めないといけません。

はじめて整形外科に行く場合、どのような事を準備してから行くのがいいのでしょう。
調べてみたので、一緒に見てみましょう。

おすすめリンク

整形外科の中でも専門分野がある

整形外科と言っても、実は得意分野や専門分野があったりするようです。 昔のお医者さんは身体の事全部見てくれていたのですが、今は違うようです。 大学病院や総合病院へ行けば、その専門分野ばかりみている先生に診てもらうことも可能だそうですが、まずは地元の整形外科でみてもらってからとなります。

人気の先生は予約も取れない

まずは不快な症状の改善を試みないといけないのですが、どこを受診しても改善されない場合もあるかもしれません。 人気の先生に予約を入れようとしても何カ月も待たされてしまうことも。 それでも自分で判断して我慢してしまうと後々大変な事になってしまうかもしれませんよ。